2017/12/26
【無料配布中】岡山の働き方デザインブック(work-style design book)が完成いたしました


岡山県中小企業団体中央会では、働き方改革に向けての意識啓発及び県内企業の魅力発信として「岡山の働き方デザインブック」を作成しました。希望者には冊子を無料で配布いたしますので下記までお問い合わせ下さい。
また、冊子の内容は下記よりダウンロードできます。

<冊子ダウンロード>
働き方改革シンポジウム2017 in OKAYAMA
事例集①
事例集②

<冊子作成の目的>
中国経済産業局委託事業(中国地域中小企業・人材コーディネート事業)の一環として、当会が独自調査する「魅力ある企業情報調査」の調査結果及び企業訪問等で得た魅力ある企業を10社厳選し、働き方改革として女性の働きやすい環境作りやUIJターン採用に積極的に取り組む事例などを紹介し、”岡山”の魅力発信を図ります。
また、10月18日に開催した「働き方改革シンポジウム2017 in OKAYAMA」にて開催したパネルディスカッションを通じて、①そもそも働き方改革とは、②働き方改革のカギを握る女性の働き方、③都会ではなく岡山(UIJターン)で働きやすい環境とは、④子育て支援とイクボスの養成、などを話題に各パネリストより事例や実体験を披露していただき、その内容を冊子にまとめて紹介することで読者にとって働き方改革の方向性と、岡山の魅力発信になることを目的としています。

<主な内容>
・10/18開催「働き方改革シンポジウム2017 in OKAYAMA」パネルディスカッションの模様を掲載
テーマ「イクボス、女性活躍、これからのOKAYAMAの働き方を考える」
パネリスト 白河 桃子氏(少子化ジャーナリスト、作家)
徳倉 康之氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン理事)
阿比留彩子氏(中国経済産業局地域経済部産業人材政策課長)
藤原 恵子氏(㈱フジワラテクノアート代表取締役社長)
金城奈々恵氏(エーゼロ㈱ローカルベンチャー支援室)
司会進行  本庄理恵子氏(フリーアナウンサー)

・働き方改革に取り組む県内企業10社の実例紹介
紹介企業   片山工業㈱、倉敷木材㈱、㈱クラビズ、角南被服㈲、
セロリー㈱、㈱玉島活版所、㈱NICS、㈱のだ初、
フジモト工業㈱、㈱フジワラテクノアート(掲載順)

<冊子の配布について>
岡山県中小企業団体中央会 企業人材支援課
teichaku@okachu.or.jpへ
(冊子希望)とお書きの上、郵便番号、住所、お名前、電話番号、e-mailアドレスをお書きの上、お申し込み下さい。
問合せ電話番号 086-224-2245

イベント期日:
2017年12月26日 2018年12月31日

2017/12/05
【募集中】「働き方改革2018 イクボス養成講座」開催決定


「働き方改革2018 イクボス養成講座」を開催します!
「イクボス」とは、部下やスタッフの「ワーク・ライフ・バランス」を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績についても結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司のことです。
核家族・共働き家庭が増加する中、仕事と家庭の両立、男性の家事・育児参画は、子どもを健やかに生み育てる上で重要であり、その上司である管理職の意識改革・行動改革求められています。
こうした中、部下の「ワーク・ライフ・バランス」を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績についても結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司、「イクボス」を推進するため、次のとおり「イクボス養成講座」を開催しますのでお知らせします。

<主催>
岡山県、中国経済産業局、岡山県中小企業団体中央会
<対象>
県内企業の代表者、人事・労務管理担当者 等(定員100名 要申込み)
<日時及び会場>
・日時 平成30年1月18日(木)13:30~15:40
・会場 ピュアリティまきび(岡山市北区下石井2-6-41)
概要
【講  師】羽生 祥子 さん(日経DUAL編集長)
【講座内容】
・基調講演 「なぜイクボスが必要なのか」
・ワークショップ
※ワークショップでは、日経DUAL最新著書「育児&介護を乗り切るダイバーシティーマネジメントイクボスの教科書」を使い、①あなたの「イクボス度」を判定、②なぜ「イクボス」が求められるのか、③イクボスのOKワード&NGワード、など実践的なテーマで実施いたします。
なお、同書籍は、参加者全員に無料進呈いたします。
●お申込みお問い合わせ先
岡山県中央会 企業人材支援課 086-224-2245
※お申込み詳細はチラシをご覧ください。

イベント期日:
2017年12月5日 2018年1月18日