e_ebiT.jpge_katsu.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

水島常盤町商店街は倉敷市水島にあり、水島臨海鉄道の常盤駅から西へ100m程の近い距離にあります。臨海鉄道と並行して南から北へ450m程延びる通りを中心として商店街エリアを形成しています。
この地域一帯は、かつて近く(現在の水島コンビナートエリア)で操業していた三菱重工の広大な社宅であった場所で、現在のニシナ百貨店本店がある場所は社宅の売店があった所です。
昭和30年前後に社宅の払い下げが行なわれ、ここ水島常盤町ではニシナ百貨店を中心とした地域に自然発生的に店舗が増え、現在のような商店街が出来てきました。
ここ水島常盤町商店街では年間を通じてさまざまなイベントが開催されています。
2月末に開催される「お雛巡り」では商店街の街路は一面ピンク色の飾りつけで彩られ、各所でお雛様が展示されます。
5月「ふれあい祭り」では歩行者天国となった商店街がビンゴゲーム、フリーマーケットなどでにぎわいます。
夏には開催が既に54回(平成22年度)を迎えた地域最大の祭り「水島港まつり」が盛大に行われ、市民総踊りでは、さまざまな七夕飾りが並ぶ商店街の中を地元の会社、団体などの踊り手が繰り[出します。
また、水島港まつり50回(平成18年)を記念して創られた新しい踊り”みずしま夢KOi・KOi!”も5年が経ち(平成22年)、今ではまつりの2日目のメインイベントとして、大勢の踊り連が商店街のパレードやコンテストで祭りを盛り上げています。
水島常盤町商店街では平成11年に「おかみさん会」が立ちあげられ、創意工夫したイベント等の企画に尽力し、賑いをささえる中心的な立場で活動を続けています。

倉敷えびす通商店街は、JR倉敷駅南口出口から阿智神社、倉敷美観地区へ向かう商店街通りの中にあります。 駅から300m程の距離で歩いて5分位の位置で、美観地区へも歩いて近く、ちょうど駅と美観地区の中間あたりになります。
かつてこのあたりは、昭和42年まで昔の町名が戎(えびす)町といわれ、えびす様の祠(ほこら)も近くにあったという事で、現在の「えびす通商店街」の名前となっています。
えびす様ロゴマークは街中至るところに見られますが、えびす様のマスコット石像も商店街に3体置かれており、道行く人の目を引いています。
商店街では、街路にベンチや「えびす文庫」と名前が付けられた、小さいお子さん向けの絵本文庫を設置したり、季節感溢れる手造りの折紙のタペストリーやお花を飾り付けたり、地元の高校生などと連携して書道の展示などを行なうなど、来街者に優しい商店街に努めています。
また毎月10日前後の土日に“十日えびす”という事で、倉敷産の甘酒、おしるこなどの無料サービス券を配布するお店があったりするなど、独自のサービスが商店街で行われています。
ファッション・雑貨の店舗が多く、街路は程良い道幅で、囲まれ感が強く親しみやすい雰囲気となっていて、美観地区を訪れる観光客にも楽しいショッピングストリートとなっています。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。