e_moto.jpge_wake.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

栄町商店街は、岡山市表町商店街の丁度真ん中あたりに位置しています。北に下之町商店街、南に表町南部(紙屋町)商店街に接していて、街路が南北に130m程延びるアーケード商店街です。
別名“桃太郎商店街”といわれていて、店舗看板の側面には桃太郎の顔人形が飾られています。
全国的にも珍しい街の風景として『空中美術館』がイベントに併せて行なわれていて、来街者の目を楽しませています。
商店街アーケード下へ大きなのれん風の絵を全国から公募展示するもので、平成15年7月から始められています。
商店街中央部には『桃たろうポケット』と名付けた休憩広場を開設し、小さい子供を連れた家族や、高齢者がゆっくりと商店街を楽しめるようにするなど、来街者の利便性を図っています。
また広場はイベント等の催し物にも会場として有効利用しています。
和洋服のお店他、ファッション、飲食関係などの老舗が多く、休日には様々なイベントが行なわれていますが、近隣の大雲寺日限地蔵縁日に併せて行なわれる毎月23日の『半畳市』では街路に露店が出され、多くの人出で賑わいます。
ステンドグラス風パネルで飾られたアーケード゛はクラシックな風合を醸していて、カラフルに明かりが灯る店舗看板、円筒提灯照明や天井近くの照明などが印象的です

今津屋橋商店会は津山市船頭町、小性町、京町あたりを中心とした商店街です。
津山駅から国道53号線沿いに進み、吉井川に架かる今津屋橋を越えてすぐの信号から北の京町交差点まで、南北道路の両側に120mの長さで店舗が並んでいます。
通りは「ごんご通り」として、平成8年に商店街の活性化を目的に整備が進められました。
県北初となる電線の地中化をはじめ、城下町津山の風情を醸し出すために、アーケードは江戸時代から明治時代の商家をイメージした、瓦屋根となまこ壁のものにつくり変えられました。
舗道には近くを流れる吉井川がテーマに取り入れられて、川の流れが石畳でデザインされ、吉井川に生息していたという伝説のある「ごんご」(カッパ)とともに、高瀬舟やカエルのモニュメント、石灯篭などが沿道に設置されています。
夏には、『ごんご祭り』が開催され、かっぱの姿をした踊り手など数千人が、歩行者天国となった通りを練り踊る盛大なお祭りが行なわれています。
商店街では、MIMA商店街が平成20年から始まっていて、空き店舗のシャッターを開けて大学生達が個性的なお店を出し、商店街を元気に楽しく盛り上げるイベントが行なわれています。
津山市街の南玄関口で、城下町の街並みやメインストリートの賑いを今に伝える商店街です。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。