e_wake.jpge_kata.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

元魚町商店街は津山市中心商店街にあり、アルネ津山から北へ延びる通りの中で、津山銀天街から北側に続く、長さ140m程のアーケード商店街です。
元魚町商店街のコンセプトは「人情溢れる触れ合いの町」です。
商店街では春の「津山さくらまつり」にあわせた夜店の開店、夏の「全日本地ビールフェスタin津山」への出店などを行なっており、一部店舗では駐車場割引券を発行するサービスを実施しています。
衣料品、飲食、理容、生活雑貨などの古くから商いが続くお店が多く、日本古来の“御殿マリ”の作り方を習うことができる工房や、パソコン教室、津山郵便局、津山中央記念病院、スーパーマルイ本社など、大型施設が商店街にあることにより、人の流れが絶えない親しみやすい地元密着型の商店街となっています。

元魚町の町名由来は、
『元和8年(1622)から寛永3年(1626)にかけて、城下の職業別による町の形成政策により、魚屋が軒を並べ魚町として成立。しかし大名行列が頻繁に通過する出雲街道沿いに位置したことから、行列に生臭い匂いが漂うことを嫌われ魚町は南へ移転され、もとの場所が“元魚町”、移転先が“新魚町”となったのが由来。ともに商人町として栄えた。 【津山だんじり保存会館資料より】』 とのことです。

下之町商店街は、東西南北に交差して延びる岡山市表町商店街のなかでは北から数えると三番目の商店街で、中之町商店街と栄町商店街の中間に位置しています。
県下最大の百貨店、天満屋本店を核として、電車停留所、バスステーションが近くて利便性が良く、クレドビルと岡山県庁を結ぶ東西に延びる道路とも接していて、休日には大変な賑いをみせる、最も人の交通量の多い商店街です。
商店街では、百貨店直営店の数多くがアーケード側に面していますが、これは全国的にも珍しい街路風景だそうです。
下之町商店会では一部のお店で、電車バス等で来街されるお客様へ無料バス券を提供するサービスを実施中で、2010年3月からは、現在のカードシステムに加盟している表町商店街の店舗では、ポイントが有利な「天満屋ニューモアカード」が使えるようになるなど、百貨店との連携を深めたサービスを展開しています。
また、商店街ではライブカメラが2台設置されていて、下之町商店会のホームページ゙から、商店街でイベント等が行なわれている様子を、家に居ながらパソコンで中継を視聴することが可能です。
アーケードの長さは約190mあり、ステンドグラス風パネルで飾られたクラシックな゙天井、街燈ランプ風照明など印象的ですが、平成22年10月に改装され、LED蛍光管の採用、無電極ボール型ランプ照明の追加、天井の再塗装など省エネ環境面で優れたものになると同時に、より明るく輝くような雰囲気に変わりました。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。