e_kasaE.jpge_moto.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

笠岡東本町商店街はJR笠岡駅前からすぐの信号を右手南東方向へ170m程進んだあたりにある、長さ100m程の商店街です。
信号から西入口手前までは「中央商店街」で、その続きにあたります。
笠岡駅前地区商店街では、平成十年前後に 駅前区画整理事業で 幾つかの商店街は道路幅の拡張によりアーケードを外しましたが、ここ笠岡東本町商店街は事業の対象外であった為、風情のある昔の面影を残した姿の商店街です。
かつては商店街の南裏側を走るJR山陽本線付近まで海に続く入り江があり、笠岡諸島を商圏とする問屋が並んでいたとの事で、なめこ壁の商家が商店街には残されています。また当時、街中にはえびす様の祠(ほこら)が祀られていたため、別名「えびす通り商店街」とよばれています。
毎月旧暦の24日には「おかげ市」が開かれます。 近くの大仙院の縁日にあわせて笠岡の商店街の「まちおこし」として平成8年から始まり
フリーマーケットや特売セール、恒例となっている福の神「七福神」パレードが行われます。
平成22年6月からは県下初の100円商店街となる「笠岡百縁笑店街」が始められ、100店舗近い店が参加し、多くの人出で街の賑いを創出しています。
笠岡駅前地区商店街では「おかみさん会」が組織されていて、上記のイベント参加以外にも「巻きずし大会」「稲刈り」他、子供達が参加するイベントを手掛けています。
昔の商店街の雰囲気を懐かしんで訪れる年配の人の姿もみられるレトロな風情、イベント時には地元の人々でにぎわう、親しみのある商店街です。

新西大寺町商店街は、岡山市表町商店街のなかでは南西に位置し、国道53号線柳川電車筋のアーケード西入口から東へ180m程延びる通りで、西大寺町商店街へと続いています。
この辺りは西大寺町商店街とは異なり、江戸時代は 武家地 だった所で、商業地となったのは明治時代になってからのことですが、 西大寺町、千日前と共に岡山を代表する繁華街として栄えるようになりました。
商店街では、平成10年にアーケード面から少しセットバックした位置に再開発マンションが建設され、商店街は自然光あふれる通りとなりました。
1階には店舗が入り、2階には市の施設である男女共同参画社会推進センター「さんかく岡山」が平成12年にオープンしています。 また同年、商店街の入口付近に、現在は市民サークルなどによる活動の基幹場所となっている「三丁目劇場」もオープンしています。
商店街では毎週木曜日に、アーケード下に各地域からの食料品、衣料、雑貨、植木などの露店が並ぶ「木曜市」が開かれ、買い物客で賑います。 当日は、買い物ポイントの上乗せや、各店独自のサービスを限定して行なうなど、来店されるお客様に喜んで頂けるよう工夫がなされています。
洋品店、楽器店、食事処、パン屋などの老舗が多く、夜には居酒屋、スポーツバーなども賑わう、駐車場や電車停留場が近くて利便性の良い、歴史のある商店街です。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。