e_minami.jpge_saidai.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

倉敷センター街商店街はJR倉敷駅前の国道429号線を越えてすぐのところにあります。
入口として、駅前正面あたりへBIOS(ビオス)と書かれたアーケード入口と、やや左手に倉敷センター街と書かれたアーケード入口の2か所があります。
商店街は十字に交差したエリアで構成され、いずれも200m程の長さで、南側では倉敷えびす通商店街へと続き、美観地区への道筋となっています。
BIOS(ビオス)とはスペイン語で“パラダイス”とか“光の集まる”というような意味で、一般公募も含めて募集を行なった結果選ばれました。
商店街中心部には、テレビも設置された来街者の為の休憩所施設「ビオス憩いの広場」があり、イベントが催される時には、広場をメイン会場としても利用しています。
春と秋の2回行なわれる「センター街大売出し現金一割返し」が一番人気となっている売り出しセールですが、毎月第三日曜日の朝に開かれる、現在では大きな集客力が定着した「倉敷三斎市」では「地産地消」をテーマに約90の農作物、魚介類、民芸・工芸品などの露店が出店し、多くの人出で賑わいます。
「土曜夜市」、「倉敷雛めぐり」、「倉敷フォトミュラル」など商店街でおこなわれるイベントは数多くあり、駅やバスステーションが近くで交通の便がよく、交差した街路にファッション・雑貨、飲食などの店舗が並ぶ地元密着型の商店街です。

今津屋橋商店会は津山市船頭町、小性町、京町あたりを中心とした商店街です。
津山駅から国道53号線沿いに進み、吉井川に架かる今津屋橋を越えてすぐの信号から北の京町交差点まで、南北道路の両側に120mの長さで店舗が並んでいます。
通りは「ごんご通り」として、平成8年に商店街の活性化を目的に整備が進められました。
県北初となる電線の地中化をはじめ、城下町津山の風情を醸し出すために、アーケードは江戸時代から明治時代の商家をイメージした、瓦屋根となまこ壁のものにつくり変えられました。
舗道には近くを流れる吉井川がテーマに取り入れられて、川の流れが石畳でデザインされ、吉井川に生息していたという伝説のある「ごんご」(カッパ)とともに、高瀬舟やカエルのモニュメント、石灯篭などが沿道に設置されています。
夏には、『ごんご祭り』が開催され、かっぱの姿をした踊り手など数千人が、歩行者天国となった通りを練り踊る盛大なお祭りが行なわれています。
商店街では、MIMA商店街が平成20年から始まっていて、空き店舗のシャッターを開けて大学生達が個性的なお店を出し、商店街を元気に楽しく盛り上げるイベントが行なわれています。
津山市街の南玄関口で、城下町の街並みやメインストリートの賑いを今に伝える商店街です。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。