e_kasaH.jpge_wake.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

本町3丁目商店街は津山市中心商店街にあり、アルネ津山から北西の位置、東西に延びる長さ110m程のアーケード商店街です。
東側は津山二番街、津山銀天街へと続き、西側は県道68号線に接しています。

通称バールドーリと呼ばれていますが、バール(Bar)とは、イタリア語で”喫茶・バーの店”の意味だそうです。
商店街には1999年にオープンした「バール横丁」という空き家を利用した集合店舗があります。
江戸時代後期の古い大きな酒屋の建物を生かし、部屋貸しの形式で開店希望者を募りました。
現在は13店がオープンしていて、1人の管理者で運営することで安価な賃料を実現しています。

現在の理事長は、津山市で活躍している「にぎわい商人(あきんど)隊」創始者のお一人で「全日本地ビールフェスタin津山」の開催に力を尽した方です。
街には「バール横丁」の他、やはり古い商家を改築した手作り雑貨屋、洋品店、花屋などがあり、どこか懐かしい昔ながらの雰囲気の商店街です。

奉還町商店街はJR岡山駅西口から北へ歩いて数分のあたり、東西に400m程続く商店街です。西側では西奉還町商店街へと続きます。
奉還町の名前は、明治維新の頃、武士たちが退職金である奉還金を元に、旧山陽道沿いのこの地で商売を始めたのがいわれとなっています。
奉還町は、旧暦の方位が岡山市では十二支の酉(とり)の位置にあたる為、商店街では鳥をマスコットキャラクターとしていて、街路上のタイルには沢山の鳥が描かれています。
平成11年に4階建のコミュニティー施設「奉還町りぶら」が建てられ、カルチャー教室やサークル活動など、多くの人々の地域コミュニケーションの場となっています。
料金は安く、学生や福祉団体などは無料で、商店街の活動組織「おかみさん会」の拠点ともなっています。
毎月第一土・日曜日には商店街で「奉還縁日」が開かれ、通りでは商店街のシンボルトキャラクター「奉還小判君神社」が中央部に出されて、お買い得品が並ぶワゴンセールが開催されます。
賑いのイベントは目白押しで、集客規模1万人の7月土曜夜市「浪漫ティック奉還祭」、地元学生さんとの連携で行なうハロウィンフェスティバル、三国力自慢腕相撲大会ほか、年間を通して数多く開催されます。
程良い道幅で、商店の人と買物客の人が路上で会話する姿が似合う、地域密着型の賑いの商店街です。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。