e_kasaE.jpge_moto.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ
真庭市

勝山は岡山県の北部に位置し、中国山地を流れる旭川に沿って開けた、歴史と伝統に彩られた二万三千石の城下町で、旭川を往来する高瀬舟の起点、出雲街道の宿場など交通の要衝としても賑わってきたところです。
現在も武家屋敷やなまこ壁の蔵を持った造り酒屋をはじめ、石畳の高瀬舟発着場跡など歴史的遺産が多く、出雲街道に面する通りは、「町並み保存地区」に指定されています。街道沿いには各家の特徴を表した「のれん」が色鮮やかな彩りを添え、勝山の新たなシンボルとなっています。
新町商店街はJR中国勝山駅前から旭川に向かって200m程西に続く通りです。現在のアーケードは平成8年に地元産の檜材を用いて新しく作り直されました。屋根部分がない独特な形は積雪にも強い構造をしています。アーケード中央部の櫓の上には、時を知らせる大太鼓が乗せられています。

通りは車道と歩道が緩やかな曲線で隔てられていて、歩道には硯に用いられる地元産の黒い“高田石”がちりばめられ、各店舗前の軒下へ出された鉢植えの植栽と共に、街の美しさを引き立てています。

また商店街の中ほどには来街者の為に、手入れされた花の庭と休憩ベンチが設置されています。
新町商店街は今や岡山県内の多くの商店街が取り組む「雛巡り」の
発祥の地で、毎年2月下旬から3月初旬にかけて、商店街の各店の店先に雛飾りが飾られます。それぞれのお店が持っている、古く珍しい物から新しい物まで、様々な雛飾りが並べられ、県内外から多くの観光客が訪れる一大イベントとなっています。
近郊を美しい自然に恵まれ、夏の土曜夜市、秋の“喧嘩だんじり”の頃は活気あふれる街となります。旧勝山町の歴史と文化を引き継ぐ、歴史ある美しい商店街です。

高梁市の市街地は高梁川沿いにあり、周囲を山に囲まれ、北に歴史的町並み保存地区がある趣きのある街で、映画『男はつらいよ』のロケ地にも2度選ばれ、最近では『県庁の星』、『バッテリー』などのロケ地にも選ばれています。
かつては備中松山城の城下町として栄え、高梁川を運航する高瀬舟の通航と荷物にかかる2つの税により藩の財政は潤い、河岸問屋などが発達しまた。
高瀬舟は昭和3年、現在のJR伯備線全線開通まで大いに利用され、この地域の発展に貢献しています。
高梁栄町商店街はJR備中高梁駅前通り100m程のところにある信号から、右手に300m北に向かって続くアーケード商店街です。
商店街では、地域との交流を深める催しの場を多く準備しています。
毎月1回土曜の午後、子供達を対象にギャラリーで開催する「手作り遊び教室」は地元の大学生の応援を受けて開催されています。
地域で夢のある子育てを目指す年1回のイベント、「わくわく子供フェスタ」は、道路を歩行者天国にして行なわれます。
また高齢者・障害者・児童・住民のふれあいのサロン、「まちかど広場」が平成16年にオープンされました。
空き店舗を利用した「高校生専用の展示サロン」は、高校生のチャレンジショップにも利用されています。
また、ボックス型フリーマーケットを行なう「ラーデン広場」があるなど、コミュニティづくりに役立つ施設を地域に提供しています。
四方を美しい山並みに囲まれた環境にあり、地域の人々と交流するイベントが絶えず行なわれていて、人にやさしい地域密着型の商店街となっています。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。