「岡山まちの夢 学生発☆地域の宝プロジェクト」実施中!!

学生さんや学校が中心になって地域活性化や地域貢献の取組をおこなう「岡山まちの夢 学生発☆地域の宝プロジェクト」について、現在25の事業が決定し、それぞれの事業提案の実現に向けてプロジェクトがスタートしました!
昨年度の学生アイデアコンテストに提案したアイデアを自ら実践する学生さん、学校の先輩のアイデアを参考に、自分の思いをこめて取り組む学生さん、そして、他の学生さんのアイデアをヒントに、自ら新規で提案を考え実践する学生さん・・それぞれの地域への熱い思いの込められたプロジェクトがスタートしました。今後は地域の方々と連携・協力しながら、詳細な計画をつくっていき、順次、具体的な活動に取り組んでいきます。なお、各プロジェクトの概要は次のとおりです。

※応募者名は敬称を略させていただいています。
なお、個々のプロジェクトの内容につきましては、今後、地域の方々と調整していく中で変更される可能性もありますのでご了承ください。

「バンチャーズとともに地域が活性化」

【プロジェクト提案者名】岡山県美作高等学校 福祉コース

岡山県内では、地域の高齢化が進んでいます。特にこの県北地域では、高齢化率が30%を超える地域も珍しくありません。 昨年の3年生が、地域の問題点を考えた時、時代とともに、地域の産物が失われつつある中で、「美作番茶」を知りました。美作番茶には、殺菌効果があり、「8020運動」も奨励しているように、健康な歯を保てるとい長所があります。地域再生プロジェクトの一環として活動を行っている農家の方と連携し、栽培に携わることで、地域が活性化することを目的としてこのプロジェクトを実施します。

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「ROOTS」~伝統と地域交流の絶えない笑顔の町 津山~

「飛島でつながる人とみらい」

~島の元気はみんなの元気! 体感寺子屋カフェ~

【プロジェクト提案者名】岡山龍谷高校 普通科進学教養コース

過疎高齢化が進む笠岡の飛島において、歴史的魅力や観光資源を引き出し発信することで「島を知ってもらいます」。観光プランの作成や島の劇場&体感寺子屋カフェ(仮称)の開催で「島に来てもらいます」。体験型のイベントを通して「島の人と交流します」。志縁団体・地援団体の活動に高校生が参加し、島の人たちと交流することで若者のいない島が元気になり、参加した人たちも元気になるような企画です。

■参考にしたH24コンテストアイデア:「なつかしそうじゃ。子育て応援学校風カフェ」 「場づくりとしての商店街活性化」

「三方たのし!」

~勝山ってたのしい! 誰が? 地元の人・観光客・私たち 三方でしょ!!~

【プロジェクト提案者名】岡山県立勝山高等学校 ビジネス科 プロジェクトチーム

魅力あるわが町勝山には多くの観光資源があります。これらを多くの方々に知ってもらいたいです。そこで、地元の魅力や宝を、アナログとデジタルを駆使して、「高校生の力で観光客を増やす!!」を目標に、地元の生徒が情報発信するプロジェクトに取り組みます。最新の情報機器を使いながら、情緒ただよう町並みをPRします。
さらに勝山の魅力は建物だけでなく、そこに住む人達こそが町の宝です。情報機器が取り持つ、この宝とのふれあいがまたよし!今までにない観光が体験できること間違いなし!

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「次世代の観光はこれだ!!」~現代に提案する新しい"観光"とは~

「倉敷の救急体制」

~救える命はここにある~

【プロジェクト提案者名】岡山県立倉敷南高等学校 町衆プロジェクト

倉敷市は医療機関や施設などが多数あり、医療面は充実しているように感じていましたが,一方で救急車の不適切な使用が増加していることを知りました。 このプロジェクトでは,自作のパンフレットを作成して,緊急時に対応できる事柄をまとめ,啓蒙活動を通して,我が町倉敷の医療環境を一層充実させることを目標としています。
また,倉敷市が観光地であるという特性から,たくさんの観光客が町中での事故やトラブルに遭遇した際に役立つ「Life saveカード」を作成・配付して緊急時の対応が速やかにできる一助となればと考えています。

■参考にしたH24コンテストアイデア:「福祉の国 岡山」

「デート計画 in 美観地区」

【プロジェクト提案者名】岡山県立倉敷南高等学校 町衆プロジェクト

倉敷市の中心部・美観地区に観光客だけでなく、地元の若くて元気な高校生を呼び入れて,美観地区自体を活性化させ,ひいては倉敷市の発展につなげていくプロジェクトです。 具体的には次のようなプランを実施します。
①美観地区にある各種の店舗を目的別や用途別などにまとめます。その中でも若い人々(高校生)の利用頻度の高い店舗をピックアップし,デートプランとしてまとめ,提案します。
②昼食メニューとして,「倉敷ドッグ」を開発・提案して,美観地区で将来的には販売できるまでにしたいと考えています。

■参考にしたH24コンテストアイデア:「商店街から広がる街」~紹介します!倉敷のいいところ~

「外国人呼び込みPROJECT」

~我らの倉敷 世界に発信~

【プロジェクト提案者名】岡山県立倉敷南高等学校 町衆プロジェクト

倉敷は日本を代表する観光都市でありますが,観光客数のうち外国人はわずか0.2%にとどまっています。そこで,外国人の方々向けのお土産を開発・販売して,倉敷の魅力をアピールしたいと考えました。
その結果,それを購入した外国人の方々が,自国で倉敷の魅力や商品のPRをしてくれることで,外国人の観光客の増加、ひいては倉敷全体の観光客を増加させ,経済的発展に寄与したいと考えました。また,そうした活動を通して,外国に倉敷の良さを発信していきたいです。

■参考にしたH24コンテストアイデア:「えびす通り商店街(改)」~えびす様、倉敷にご利益を~

 

「ゆめバス児島ツアー」

~いっぺん来てみにゃわからんで~

【プロジェクト提案者名】倉敷鷲羽高校 ビジネス研究部

このバスツアーは、児島駅から児島の文化や生産工房が楽しめるまち工場を案内し、昼食に児島の幸をふんだんに楽しんでもらい、瀬戸大橋と瀬戸内の多島海を眺望できる絶景ポイント鷲羽山を案内するものです。
ただし、ただのバスツアーではなく、児島にはじめて来る人も、もともといる児島の住民も"笑い"のあるまちにするため、ゆめバスが児島のまちを循環している合間にサプライズで大道芸人のパフォーマンスを見てもらい楽しんでもらいます。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「ゆめバス児島ツアー」~いっぺん来てみにゃわからんで~~

   

「ツナガル瀬戸には eco来たる」

 ~Smile Eco Try cOmmunicate~

【プロジェクト提案者名】岡山県立瀬戸高等学校 普通科 JRC部

エコ活動やあいさつ運動を中心に取り組み、地域の人々のため、世界の人々のために活動を広げて行きます! また、私たち高校生だけで取り組むのではなく、瀬戸町に住む人々に働きかけることによって、活動が広がり、みんなが笑顔になり、地域の活性化に"ツナガル"ことを願っています。
活動としては「ペットボトルキャップを集めることで、発展途上国の人々の命を救う活動」や「瀬戸駅でのあいさつ運動」などを実施したりします。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「わらう瀬戸にはひと来たる」~みんなに幸せとどけますっ!~

「久米南町から笑顔・発信」

~笑顔あふれる、アンテナショップ~

【プロジェクト提案者名】岡山県立誕生寺支援学校 高等部職業コース 久米南まちづくり研究会

「岡山のまちの夢学生アイデアコンテスト」で提案したアイデアをもとに学校が町や地域と連携し、アンテナショップをオープンすることになりました!11月1日の弓削駅構内のオープンに向けて、弓削校地のログハウスでプレオープンしました。本校の高等部、中学部の作った製品を専門家のお力もお借りしながら商品化し、町の特産品などと合わせて販売したいと考えています。高等部生徒による喫茶コーナーを設けることで、地域の皆様の集える空間にしたいと考えています。また、定期的にオープンすることで、地域としっかりつながっていきたいです。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「久米南町を明るく元気にしよう大作戦✌~カッピーでハッピー~」「商店街から広がる街」「ごんご通り復活計画」

「笑店街 見たい・行きたい・心地いい」

~空き店舗の活用と環境に配慮した商店街活性化の取組み~

【プロジェクト提案者名】岡山県立津山工業高等学校 デザイン科 Aチーム

地元の商店街の空き店舗を利用し、屋台などを開くことで、商店街の活性化につなげます。コンセプトは、「高校生の考える商店街をにぎわせる方法」。内装、配置等も自分たちで考え、よりたくさんの来客の人により、楽しんでいただけるような場所づくりを目指します。
高校生などの若い人が、喜びそうな屋台をつくったり、物々交換を通して、学生から大人の方まで、さまざまな人が参加できるイベントなどを商店街で実施したいと考えています。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「ごんご通り復活計画」「SEASON FES」「Young Street」

「イントロダクション オブ 津山」

~津山の名産を調べ、津山出身の芸能人と紹介する~

【プロジェクト提案者名】岡山県立津山工業高等学校 デザイン科 Bチーム

津山は、高齢者が多く、若い子とのふれあいが少ないと思ったので 交流できる場があればと考え、若い人から高齢者まで、みんなでもちつきなどを楽しみます。
おもち以外にも 津山の名産(干し肉・ホルモンうどん)なども紹介し、多くの人に津山を知ってほしいと思います。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「SEASON FES」「Young Street」

「林野地域と高校とが創る『むかし倉敷ふれあい祭り』」

~人と人がつながって、"魅せて"いこうや地域愛~

【プロジェクト提案者名】林野高校むかし倉敷ふれあい祭り生徒実行委員会

少子高齢化とともに若者が県南部や津山方面に流出する傾向が続く中、林野商店街は「シャッター商店街」となっています。こうした課題を解決するために、林野高校では、「むかし倉敷ふれあい祭り」を平成22年に始めました。この祭りは、本校総合的な学習の時間(My Dream Project〈MDP〉)を通して一年間学んできたことを発表する場であり、地域の方と交流することで深く地域の実情や課題について学ぶ場でもあります。今年は、「地域の方や来客者の方と一緒に"創る"地域の祭り」をコンセプトに、より一層地域の方と協同し、地域の活性化につながるプロジェクトを提案します。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「ええじゃろ田舎ライフin美作~旬を採る,食べる,売る~」

「牛窓まちおこしプロジェクト」

~パワースポットの掘り起こし(マップづくり)とターゲットを明確にしたツアー企画~

【プロジェクト提案者名】岡山県立備前緑陽高等学校 山口 遙暉

まず牛窓のパワースポットをまとめた観光マップを作成します。また、昼と夜で違った雰囲気が味わえる昼マップ、夕方マップ、夜マップなどでまとめることもできます。もちろん、魅力のあるショップやレストラン、そして老舗旅館やペンションなどの宿泊施設などの紹介もします。マップの作成と併せて、ターゲットを明確にしたツアーをいくつか提案します。牛窓の自然に触れるツアー、牛窓特産品ショッピングツアー、牛窓の食を楽しむツアーなどを提案することで観光資源をトータルに掘り起こし、まちおこしの契機にします。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: ・「牛窓町おこしプロジェクト(1)」「牛窓町おこしプロジェクト(2)」「牛窓ご当地ツアー」

「井原トート作ってまちおこし!」

~いい物あるよ 楽しいよ また行ってみよ~

【プロジェクト提案者名】 岡山聾学校高等部被服科課題研究

井原産のジーンズ生地は、数々のヨーロッパ有名ブランドの製品にも使用されている最高級品です。化学染料は一切使用せず、藍で糸を染め、心を込めて丹念に織り上げたデニム地の自然な色合いと暖かい手触りは絶品です。このすばらしいデニム地と本校作製の「さをり織り」の布地を使用して新しいデザインの製品を作り、一人でも多くの方々に買っていただき、井原デニムの良さを知っていただきたいです。そして井原に興味をもってもらい、いいものがある井原にたくさんの人に足を運んでもらうことで、町が元気になる活動に参画したいです。

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「高校生SHOPING」~若者よ、集まれ!!~

「CM作ってまちおこし!!!」

~ つながる 笑顔 広がる ~

【プロジェクト提案者名】倉敷市立精思高等学校 社会科学入門グループ

県内有数の観光地である倉敷美観地区と大型商業施設には多くの人が集まっています。これらの人を倉敷駅周辺の施設へ歩き回ってもらい回遊性を高めていくために、本校先輩が昨年度「岡山まちの夢 学生アイデアコンテスト」で提案したアイデアを参考にしながら、私たちが中心となって多くの立場の人の力を集めてCMを制作し、地区を盛り上げていきます。
倉敷中心市街地の魅力を若者がCMによって発信することで、より多くの人に倉敷に足を運んでもらいさらなる賑わいを作り出したいと考えています。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア:「倉敷応援CMコンテスト!!」~きらりと光れ倉敷市、CM作ってまちおこし~

「TMN65プロジェクト2013」

~異世代交流が盛んなまちたまの~

【プロジェクト提案者名】玉野市立玉野商業高等学校 「地域ビジネス」グループ

子どもから高齢者まで明るく元気な毎日が過ごせるまちづくりを目指します。玉野は高齢者率が県内でも極めて高い地域です。少子高齢化は日本全体の問題でもあり、ネガティブな印象がありますが、それを逆手に逆転の発想で、子どもからお年寄りまで明るく楽しく生活できるまちになるような次のような取り組みを行います。
①高齢者向けの情報誌〔フリーペーパー〕の発行 ②高齢者向けのHP開設
③高齢者向けのIT講習講座の開設 ④ご当地カルタの作成

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「TMN65プロジェクト」~異世代交流が盛んなまちたまの~

「おしゃれにエコ!カンタンブラー」

~おしゃれな街、倉敷で子どもと一緒にエコを実践!~

【プロジェクト提案者名】岡山県立大学デザイン学部 造形デザイン学科

生活の中でエコの必要性が高まっている現代、小学校低学年を対象に「気軽なエコ」というコンセプトでエコワークショップを開催したいと考えました。イベントなどで大量に出る紙コップのゴミなどを削減するために、愛着を持って使い続ける事が出来る「手作りタンブラー」ワークショップと、イベント時に同時配布する小冊子の作成を企画しました。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「1日遊べる商店街!」~老若男女、みんなが気持ちよく過ごせる街づくり~

「おもて町のうらメニュー☆コンテスト」

~予選を勝ち抜いた選りすぐりのうらニュー、うらじゃといっしょに楽しんでって!~

【プロジェクト提案者名】岡山大学 経済学部 朝妻 惇

岡山の風物詩となった『うらじゃ』の賑わいを活かして、まちの継続的な活性化につなげていきたいです。
取組としては、「うらじゃ」が開催される夏、そして夏以外でも、「うらじゃ」に関係した何かで、岡山のまちを盛り上げることをやっていきたいです。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「おもて町のうらメニュー☆コンテスト」~予選を勝ち抜いた選りすぐりのうらニュー、うらじゃといっしょに楽しんでって!~

「N家の蔵再生プロジェクト」

~蔵から見える、未来の暮らし~

【プロジェクト提案者名】岡山大学 西山 敦

倉敷市東町の、N家の蔵(重要伝統的建造物群保存地区の指定建造物)を利活用すべく、宮大工等の専門家の協力を得ながら、修繕を行います。それを随時記録し、市民にも広く、定期的に公開することで、自分達の地域に根付いた文化・歴史に対する理解を深める場を提供するとともに、一連の様子を映像コンテンツにまとめます。
本プロジェクトを実施することで、「若者も参加できる、オープンな町づくりの場」を目指します。そして、それぞれの地域の資源を活用しながら、協働のまちづくりのあるべき姿を、住民主体で常に議論し、一緒に汗をかき、自分達の町を自分達で、守り・育てる文化が定着することを目指します。

■参考にしたH24コンテストアイデア:「懐かしの給食を食べて、地域の活性化」

岡山の魅力を再発見・再発進するブランドマーケティング・アイデア

~To the whole country from Okayama~

【プロジェクト提案者名】岡山理科大学 山口研究室

岡山を元気にするロゴを、岡山にゆかりのある著名人や公募によって作成し、地元岡山の人が誇りに思うブランドイメージを作り上げることによって、岡山の魅力を様々なマーケティング活動によって発信していきます。最終的には、岡山とほぼ同じ規模の熊本県のくまもんマークのように、地域物産品や岡山の企業が好んで使用してくれるような、地域ブランドが向上できるようなロゴマークに育てていくことで、岡山の魅力の再発見・再発進に繋げていければと考えます。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア:「I' m Okayama」~シビックプライド=市民が都市に対して持つ自負と愛着~

「こじま『彩り』プロジェクト」

~デニムと綿(わた)で楽しいまちづくり~

【プロジェクト提案者名】 倉敷市立短期大学 服飾美術学科服飾材料ゼミ

昨年度、学生アイデアコンテストに参加・応募して、自らアイデア・企画をぜひ、実現したいと思いました。
デニムと綿をテーマに児島のまちを盛り上げたいと考えています。明るくさわやかなイメージを構築し、誰にでも親しみやすく訪れやすい環境にします。それを通して地元の人にも児島をもっと知ってもらい好きになってもらうことで、魅力的なまちづくりを目指します。
取り組みとしては、児島で開催される様々なイベントなどで、綿花を使用した照明モニュメントを設置し、夜の通りを明るく彩ったり様々なことを実施します。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「児島ジーンズストリートの活性化~明るくさわやか ジーンズの聖地~」

「『エントツ』の町 備前」

~備前市の新たな観光資源"備前焼工房の「エントツ」"~

【プロジェクト提案者名】倉敷芸術科学大学 芸術学部メディア映像学科 梶藤 将司

昨年度の学生アイデイアコンテストで、私の出身地である備前市の煙突を題材にしたアイデアがあり、確かに備前市は煉瓦工場と備前焼工房があり多くの煙突が存在し、また備前焼工房の煙突は煉瓦造りの他では見られない珍しいものであり、地域の新しい資源の可能性になるのではないかと思いました。
備前の「エントツ」をテーマにした写真展を開催するなど、新ジャンルとして"煙突"「エントツ」を開拓することによって、備前を新たな切り口で発信するきっかけとします。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア: 「エントツの街 備前」~自然の有効活用と特産品を活かした、岡山から広げる"輪"~

「倉敷商店街 Webサイト」

~商店街の魅力、再発見!~

【プロジェクト提案者名】倉敷芸術科学大学 芸術学部メディア映像学科 林田 成実

学生が自分たちの足で倉敷の商店街を歩いて魅力を感じる物・場所を発見し、地元の方にもお話を聞き、Webサイトを制作し、倉敷商店街の学生や地元の方目線の魅力を伝えていきます。それを通じて人と人との交流をつなぎ商店街の賑わいを作っていきます。
商店街の魅力を再発見するWebサイトを制作することで人の流れを商店街へ向ける事ができ、活気づけたいです。

  

■参考にしたH24コンテストアイデア:「倉敷旅マップ」「OkayaMap」

「倉敷の「まち」をテーマに曲作り」

~世界に発信する倉敷の音楽~

【プロジェクト提案者名】くらしき作陽大学 岡山まちの夢実現チーム

倉敷のまちを代表する「倉敷アイビースクエア」そのコンセプトは、考房・工房・交房です。このコンセプトは、作曲と同様にアイデアを構想し曲を作り、人をつなぎ交流を作ることだと考えました。そこで倉敷の「まち」をテーマにした曲の最初に、来年40周年を迎える「倉敷アイビースクエア」をリスペクトし、まちを活性化させるシンボルとしての曲作りとその演奏を企画します。

■参考にしたH24コンテストアイデア:「地域に活かす音楽デザインの力・プロジェクト」

「若い学生パワーで津山の町や人を元気にしよう」

~元気ある街づくり~

【プロジェクト提案者名】美作大学 生活科学科 福祉のまちづくり学科 ネクストクリエイターズ

現在津山市の中心市街地は、全国の商店街と同様に年々空き店舗が目立ち、にぎわいを失いつつあります。そして当該商店街は津山市文化の中心地に位置し、鶴山通りに面している立地上、津山市の「顔」となる側面も併せ持ちます。「顔」が疲弊している状態では津山市全体が活気付くはずもないので、津山市全体の活気と潤いを考えたときに、まず「顔」に活気と潤いをもたらすことが先決と考えます。そこで、今津屋橋商店街の空き店舗を一斉に開放し、美作大学、高校、地域住民が個性豊かなイベントや企画を行い、商店街を盛り上げる企画を行います。テーマは「MIMAHOUSE ~商店街×学生 ネクストクリエイターズ~ 」です。

■参考にしたH24コンテストアイデア:「MIMA商店街」