e_chu.jpge_jyonan.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

津山銀天街は津山市中心商店街にあり、アルネ津山から北へ続く通りの長さ50m程と、そこから西へ20m程の通りがエリアとなっています。津山市元魚町にある商店街で、北に元魚町商店街、西に津山二番街、南にアルネ津山へと続きます。
商店街の特徴となっている“ミラーアーケード”は、昭和50年頃に作られたもので、天井が鏡のように反射する素材でつくられており、『銀の天井に輝く街』が商店街の名前の由来となっています。
平成11年のアルネ津山のオープンにより津山銀天街は縮小されていますが、以前はソシオ一番街商店街まで続いていました。
アーケード下に飾られている丸い鶴のマークが商店街の目印となっていて、津山城主森忠政の家紋が『鶴の丸紋』であったことから、それが用いられています。
また天井側面には、かつての津山城の影絵と、大名行列の上空を鶴が舞う様子の影絵が2箇所で飾られています。
衣料品屋、靴屋、本屋などの店があり、郵便局、デパートにも隣接する人の往来が絶えない地元密着型の商店街です。

オランダ東通りは岡山市表町商店街の東側に南北1キロほど平行して延びる市道沿いに、ブティックやギャラリー、飲食店などが並んだ通りです。
平成10年に、電線の地中化や、車道にレンガを敷き、屈曲化して歩道と接するようにするなど、歩行者優先の街路に変身しています。
街路には自然味があふれるフラワーボックス、木製のベンチなどが置かれ、歩行者がゆっくりくつろぎながら散策できる商店街です。
オランダ東通りはオランダ人医師シーボルトの娘イネがこの地の診療所で研修したことにちなんで名づけられました。
オランダ通り商店街振興組合は中之町商店会の東筋エリアに位置し、平成16年に設立された比較的新しい組合です。
商店街ではイベント広場にて『オランダ通り祭り』を毎月第三日曜日に開催し、野外ライブ・パフォーマンスやフリーマーケットなどを行なっています。
また、当日に古新聞・空き缶・ペットボトルなどのリサイクル資源を持ってきた人に、地域通貨「おいね」を発行しています。
リサイクル資源の持込み量に従ってポイントが付き、貯まった時点で地域通貨として商店街で使用できる仕組みです。
年ごとに利用者は増え、現在では地域の人々にとって、なくてはならない重要な活動となっています。
オランダ通り商店街は、現在もお洒落な店舗が整備されつつある、モダンな街並みの商店街です。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。