e_ebi.jpge2_houkan.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ
真庭市

勝山は岡山県の北部に位置し、中国山地を流れる旭川に沿って開けた、歴史と伝統に彩られた二万三千石の城下町で、旭川を往来する高瀬舟の起点、出雲街道の宿場など交通の要衝としても賑わってきたところです。
現在も武家屋敷やなまこ壁の蔵を持った造り酒屋をはじめ、石畳の高瀬舟発着場跡など歴史的遺産が多く、出雲街道に面する通りは、「町並み保存地区」に指定されています。街道沿いには各家の特徴を表した「のれん」が色鮮やかな彩りを添え、勝山の新たなシンボルとなっています。
新町商店街はJR中国勝山駅前から旭川に向かって200m程西に続く通りです。現在のアーケードは平成8年に地元産の檜材を用いて新しく作り直されました。屋根部分がない独特な形は積雪にも強い構造をしています。アーケード中央部の櫓の上には、時を知らせる大太鼓が乗せられています。

通りは車道と歩道が緩やかな曲線で隔てられていて、歩道には硯に用いられる地元産の黒い“高田石”がちりばめられ、各店舗前の軒下へ出された鉢植えの植栽と共に、街の美しさを引き立てています。

また商店街の中ほどには来街者の為に、手入れされた花の庭と休憩ベンチが設置されています。
新町商店街は今や岡山県内の多くの商店街が取り組む「雛巡り」の
発祥の地で、毎年2月下旬から3月初旬にかけて、商店街の各店の店先に雛飾りが飾られます。それぞれのお店が持っている、古く珍しい物から新しい物まで、様々な雛飾りが並べられ、県内外から多くの観光客が訪れる一大イベントとなっています。
近郊を美しい自然に恵まれ、夏の土曜夜市、秋の“喧嘩だんじり”の頃は活気あふれる街となります。旧勝山町の歴史と文化を引き継ぐ、歴史ある美しい商店街です。

笠岡本通商店街はJR笠岡駅前からすぐの信号から駅前大通り西側50m程と、信号を左手北西方向へ折れて130m程の通りの、L字型をエリアとする商店街です。
笠岡駅前地区商店街では、平成10年前後に駅前区画整理事業が実施され、ここ笠岡本通商店街も事業実施対象であったため、老朽化したアーケードを外して明るい商店街となりました。
更に車と人が通れる十分の幅が確保されていて、同事業によりカラーブロックを敷きつめられた街路には所々に木製ベンチが設置されて、太陽の光を直接感じられるオープン化された商店街となりました。
毎月旧暦の24日には「おかげ市」が開かれます。 近くの大仙院の縁日にあわせて笠岡の商店街の「まちおこし」として平成8年から始まり、フリーマーケットや特売セール、恒例となっている福の神「七福神」パレードが行われます。
平成22年6月からは県下初の100円商店街となる「笠岡百縁笑店街」が始められ、100店舗近い店が参加し、多くの人出で街の賑いを創出しています。
笠岡駅前地区商店街では「おかみさん会」が組織されていて、上記のイベント参加以外にも「巻きずし大会」「稲刈り」他、子供達が参加するイベントを手掛けています。
商店街の広々とした街路はイベント時には余裕ある会場スペースとして露店、休憩テーブルなどが広げられます。
周辺地域には門前町らしい落ち着いた佇まいが今もみられ、最近注目の笠岡ラーメンのお店も近くにあり、イベント時には地元の人々でにぎわう、親しみのある商店街です。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。