e_naka.jpge2_houkan.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

医大前商店街の通りはかつて「大学病院正門通り」といわれていました。
大正6年に岡山医学専門学校が現在の岡山市北区鹿田町に移転され、その周辺に呉服屋、下駄屋、傘屋、花屋などの店が集まり、商店街が出来てきました。
医大正門(岡山大学医学部)前から、北に400mほど一直線に延びた通りが現在の商店街エリアです。
南北入口のアーチ門、街路灯などは平成11年に新しく作り替えられたもので、花の模様が多用されています。
アイサン・タウン(愛が散々と降り注ぐ街の意)の名前がアーチ門に記されていて「花の香る賑いの街」がメインテーマとなっています。
街路灯ポール部分には植木鉢が飾れるよう工夫されています。
現在、約50の店舗数ですが、飲食店が多く、昼休みには近隣のサラリーマンが多く訪れます。
インドネシア、ネパール、バングラデシュなどの異国籍料理店が多いのも特徴で、地元スーパーなどと共に地域密着型で賑わう商店街となっています。

新西大寺町商店街は、岡山市表町商店街のなかでは南西に位置し、国道53号線柳川電車筋のアーケード西入口から東へ180m程延びる通りで、西大寺町商店街へと続いています。
この辺りは西大寺町商店街とは異なり、江戸時代は 武家地 だった所で、商業地となったのは明治時代になってからのことですが、 西大寺町、千日前と共に岡山を代表する繁華街として栄えるようになりました。
商店街では、平成10年にアーケード面から少しセットバックした位置に再開発マンションが建設され、商店街は自然光あふれる通りとなりました。
1階には店舗が入り、2階には市の施設である男女共同参画社会推進センター「さんかく岡山」が平成12年にオープンしています。 また同年、商店街の入口付近に、現在は市民サークルなどによる活動の基幹場所となっている「三丁目劇場」もオープンしています。
商店街では毎週木曜日に、アーケード下に各地域からの食料品、衣料、雑貨、植木などの露店が並ぶ「木曜市」が開かれ、買い物客で賑います。 当日は、買い物ポイントの上乗せや、各店独自のサービスを限定して行なうなど、来店されるお客様に喜んで頂けるよう工夫がなされています。
洋品店、楽器店、食事処、パン屋などの老舗が多く、夜には居酒屋、スポーツバーなども賑わう、駐車場や電車停留場が近くて利便性の良い、歴史のある商店街です。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。