e_ebiT.jpge_oranda.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

津山銀天街は津山市中心商店街にあり、アルネ津山から北へ続く通りの長さ50m程と、そこから西へ20m程の通りがエリアとなっています。津山市元魚町にある商店街で、北に元魚町商店街、西に津山二番街、南にアルネ津山へと続きます。
商店街の特徴となっている“ミラーアーケード”は、昭和50年頃に作られたもので、天井が鏡のように反射する素材でつくられており、『銀の天井に輝く街』が商店街の名前の由来となっています。
平成11年のアルネ津山のオープンにより津山銀天街は縮小されていますが、以前はソシオ一番街商店街まで続いていました。
アーケード下に飾られている丸い鶴のマークが商店街の目印となっていて、津山城主森忠政の家紋が『鶴の丸紋』であったことから、それが用いられています。
また天井側面には、かつての津山城の影絵と、大名行列の上空を鶴が舞う様子の影絵が2箇所で飾られています。
衣料品屋、靴屋、本屋などの店があり、郵便局、デパートにも隣接する人の往来が絶えない地元密着型の商店街です。

倉敷えびす商店街は、JR倉敷駅正面出口から倉敷美観地区へ向かう商店街通りの中にあります。駅から400m程の距離で、美観地区へも近く、駅と美観地区のちょうど中間あたりに位置しています。
駅側に倉敷えびす通商店街、美観地区側に倉敷本通り商店街へと続き、かつてこのあたりは、昭和42年まで旧町名が戎(えびす)町といわれ、えびす様の祠(ほこら)も近くにあったという事で、現在の「えびす商店街」の名前となっています。
商店街には「えびす交舎」と云う休憩所があり、“素隠居”の展示場としても使われています。素隠居とは、阿智神社の春と秋の祭礼には欠かせない、爺婆のお面をかぶった祭礼に参加する若者の事で、うちわで頭をたたかれると御利益があると言われ、この地元でしか見られないものです。
「えびす交舎」隣には貸しスペースを併設し、多くの人にギャラリー、フリーマーケットなどの会場に利用してもらっているとの事です。
平成11年に改修された、黒く塗られた104mのアーケードと街燈支柱は、白い壁面とのコントラストが美しく、クラシックなボール照明、石を多用した街路などと共に、街を清潔な雰囲気に仕上げています。
倉敷らしい白壁のお店も並ぶ商店街は、生活雑貨・手造り小物、ファッション、お食事処の店舗 などで構成され、倉敷美観地区を訪れる観光客にも楽しいショッピングストリートとなっています。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。