e_Whoukan.jpge_gin.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

オランダ東通りは岡山市表町商店街の東側に南北1キロほど平行して延びる市道沿いに、ブティックやギャラリー、飲食店などが並んだ通りです。
平成10年に、電線の地中化や、車道にレンガを敷き、屈曲化して歩道と接するようにするなど、歩行者優先の街路に変身しています。
街路には自然味があふれるフラワーボックス、木製のベンチなどが置かれ、歩行者がゆっくりくつろぎながら散策できる商店街です。
オランダ東通りはオランダ人医師シーボルトの娘イネがこの地の診療所で研修したことにちなんで名づけられました。
オランダ通り商店街振興組合は中之町商店会の東筋エリアに位置し、平成16年に設立された比較的新しい組合です。
商店街ではイベント広場にて『オランダ通り祭り』を毎月第三日曜日に開催し、野外ライブ・パフォーマンスやフリーマーケットなどを行なっています。
また、当日に古新聞・空き缶・ペットボトルなどのリサイクル資源を持ってきた人に、地域通貨「おいね」を発行しています。
リサイクル資源の持込み量に従ってポイントが付き、貯まった時点で地域通貨として商店街で使用できる仕組みです。
年ごとに利用者は増え、現在では地域の人々にとって、なくてはならない重要な活動となっています。
オランダ通り商店街は、現在もお洒落な店舗が整備されつつある、モダンな街並みの商店街です。

倉敷センター街商店街はJR倉敷駅前の国道429号線を越えてすぐのところにあります。
入口として、駅前正面あたりへBIOS(ビオス)と書かれたアーケード入口と、やや左手に倉敷センター街と書かれたアーケード入口の2か所があります。
商店街は十字に交差したエリアで構成され、いずれも200m程の長さで、南側では倉敷えびす通商店街へと続き、美観地区への道筋となっています。
BIOS(ビオス)とはスペイン語で“パラダイス”とか“光の集まる”というような意味で、一般公募も含めて募集を行なった結果選ばれました。
商店街中心部には、テレビも設置された来街者の為の休憩所施設「ビオス憩いの広場」があり、イベントが催される時には、広場をメイン会場としても利用しています。
春と秋の2回行なわれる「センター街大売出し現金一割返し」が一番人気となっている売り出しセールですが、毎月第三日曜日の朝に開かれる、現在では大きな集客力が定着した「倉敷三斎市」では「地産地消」をテーマに約90の農作物、魚介類、民芸・工芸品などの露店が出店し、多くの人出で賑わいます。
「土曜夜市」、「倉敷雛めぐり」、「倉敷フォトミュラル」など商店街でおこなわれるイベントは数多くあり、駅やバスステーションが近くで交通の便がよく、交差した街路にファッション・雑貨、飲食などの店舗が並ぶ地元密着型の商店街です。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。