e_kasaE.jpgtop_photo2.jpg HOME 商店街情報 イベント情報 県・市等の創業支援策 商店街ナビfacebook お問い合わせ

千日前商店街は岡山市表町商店街の最南端に位置しています。
アーケード南入口は国道2号線に面し、北側では表町南部商店街へと続く200m程の通りです。

このあたりは、江戸時代には新西大寺町と同じく武家地であり、天瀬可真(かしん)町と呼ばれていました。
明治時代に入り、街に変化をもたらしたのが映画館の立地で、まず明治45年に帝国館(旧岡山松竹)、大正8年に金馬館、大正15年に若玉館(旧テアトル岡山)、昭和13年に文化ニュース劇場(旧SY松竹文化)と、次々に開館しました。

それに伴い、飲食店も軒を連ねるようになり、人影まばらだった天瀬可真町は岡山を代表する娯楽街へと変身を遂げています。
この頃から町の名も大阪の繁華街の名をとって、「千日前」と呼ばれるようになりました。

アーケード南入口に、世界三大サーカスの一つ 「木下サーカス」の本社事務所がありますが、これらの映画館は多くが、木下サーカスが娯楽施設の一環として営業を始めたものです。

近年になって商店街区にコインパーキングなどの駐車場が多くなり、遠方から表町商店街へお越しいただく際の利便性向上に繋がっています。
現在の千日前商店街は昔から商いが続く老舗飲食店が多く、木下サーカス本社のきらびやかな建物が目を引く商店街です

高梁市の市街地は高梁川沿いにあり、周囲を山に囲まれ、北に歴史的町並み保存地区がある趣きのある街で、映画『男はつらいよ』のロケ地にも2度選ばれ、最近では『県庁の星』、『バッテリー』などのロケ地にも選ばれています。
かつては備中松山城の城下町として栄え、高梁川を運航する高瀬舟の通航と荷物にかかる2つの税により藩の財政は潤い、河岸問屋などが発達しまた。
高瀬舟は昭和3年、現在のJR伯備線全線開通まで大いに利用され、この地域の発展に貢献しています。
高梁栄町商店街はJR備中高梁駅前通り100m程のところにある信号から、右手に300m北に向かって続くアーケード商店街です。
商店街では、地域との交流を深める催しの場を多く準備しています。
毎月1回土曜の午後、子供達を対象にギャラリーで開催する「手作り遊び教室」は地元の大学生の応援を受けて開催されています。
地域で夢のある子育てを目指す年1回のイベント、「わくわく子供フェスタ」は、道路を歩行者天国にして行なわれます。
また高齢者・障害者・児童・住民のふれあいのサロン、「まちかど広場」が平成16年にオープンされました。
空き店舗を利用した「高校生専用の展示サロン」は、高校生のチャレンジショップにも利用されています。
また、ボックス型フリーマーケットを行なう「ラーデン広場」があるなど、コミュニティづくりに役立つ施設を地域に提供しています。
四方を美しい山並みに囲まれた環境にあり、地域の人々と交流するイベントが絶えず行なわれていて、人にやさしい地域密着型の商店街となっています。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報とは

岡山県内商店街の【空き店舗・事務所 物件】新着情報です。物件情報をクリックすると不動産情報サイト【住まいる岡山】へ移動します。

おかやま商店街【空き店舗・事務所】物件情報(賃貸・売買)は不動産情報サイト【住まいる岡山】に掲載されています。
※掲載情報についてのお問い合わせは、各物件詳細ページ下部のお問い合わせ先へ直接お尋ねください。
※物件取引(賃貸・売買)には、中央会は関与しませんので予めご了承ください。